« 月見 | トップページ | 足の指を広げたら »

2007年9月27日 (木)

父から息子への手紙

こんにちは、こだきちです。
今日はちょっと趣向を変えて、
夫から息子への手紙を紹介します。
悠ちゃんへ今すぐ伝えたいことがあるようです。

前略

 悠ちゃんへ

 突然ですが君の笑顔は最高です。
まさに天使の様です。

 疲れて帰ってると
君はにこーと微笑みかけてくれますね。

疲れなんかどこかへいっちゃいます。

 いつも思います。
もう父さん何も要りません。
死んでもいいです。

 でも、お願いがあります。
にこーを微笑んだあと、髪をおもいっきり引っ張るのは
止めてください。
 ただでさえ抜け毛が気になるので・・・

20070927

 もうひとつだけ、
何の前触れもなく目を突くのは止めてください。
本当にビビリます。

 君を抱っこするとき、
いつも目をつぶらなくてはならなくなりました。

20070927_2

 (まるで喪黒福造のようです)

君を抱いていても君の笑顔が見れません。
お願いですから今すぐお止めください。
                  
                   草々

 そうなんです。悠ちゃんはかなりの乱暴者なんです。
しかも、髪を引っ張る、顔を叩く、目を突く(かなり危ないです)
夫相手にだったらいいのですが、(いいのか?)
 他の子にも乱暴な態度をとることがあります。
当然、「だめっ」 と強く言うのですが、
全く解っていないような気がします。
(その後も、ケタケタ笑いながら目を突いてきます)
悠ちゃんは1才2ヶ月です。
 皆さんはこの時期にどのように言い聞かせていましたか?

 ちょっと困っています。

←皆様のおかげで27位です。 25位に入りたい! 皆様、なにとぞ応援クリックよろしくお願いします

 

パワーブログランキング

↑こちらも応援よろしくお願いします。

|

« 月見 | トップページ | 足の指を広げたら »

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
小さい頃の(といってもまだ3歳だけど)息子を思い出して懐かしくなりました。
めちゃめちゃ可愛い時期ですよね~♪

また遊びに来ますね。

投稿: ひなた | 2007年9月27日 (木) 08時12分

うちもよくやりましたー!
最近は叩くのは納まったのですが、髪を引っ張るのはまだまだ・・・(現在1歳9ヶ月)
息子にもわかりやすいように、ダメな理由を説明しているつもりなのですが
最後に「わかった?」と聞くと、必ず首を横に振ります^^;
他の事は理解出来るみたいなんですけど・・・困ったものです

投稿: よしゆき | 2007年9月27日 (木) 10時03分

こだきちさん、こんにちわ。
王子もそうでしたよ。噛まれまくりでアザだらけでした。
まだ怒られていることもあまりわからない時期なんですよね。
とりあえず、小さい子が回りにいる時は目が放せませんでした。もちろんその都度「だめ!」って教えていたけど。根気の付き合いですね。

投稿: りきりき | 2007年9月27日 (木) 14時17分

ひなたさん、はじめまして。
こんにちは。

このブログを見て、
ひなたさんが息子さんの小さい時を思い出されたなんて!
とっても嬉しいです。

でも、
思い出された・・・ということは、ひなたさんの息子さんもこのようなこたがあったのですね^^;

可愛いのですが、言っても分からないので、困りものです。
3歳だと、もうこういったことはないですよね~

またぜひ遊びに来てください。

投稿: こだきち | 2007年9月27日 (木) 14時28分

よしゆきさん、こんにちは!

よしゆきさんの息子さんもそーだったんですか・・・

おまけに「わかった?」と聞くと、必ず首を横に・・・というところで、笑ったです^^
可愛らしいし、おもしろいです。
よしゆきさんのブログのイラストで、是非その場面を見てみたいなー。

それにしても、他の事は理解できるのに、それだけは、何故?^^;
不思議ですね

それでは。
また楽しみに遊びに行きますね~

投稿: こだきち | 2007年9月27日 (木) 15時15分

りきりきさん、こんにちは。

そうそう!噛みますよね。
以前も描きましたが、悠ちゃんも夫にお尻にかじりついたり。私も膝をやられました。
でも、アザができるまでとは・・・。
これからが怖いです~

一応そういう時は、「めっ」とか「ダメ!」とか怒るんですが、マジで、遊んでると思っているるみたい。
嬉しそうにしているんです。
確かに・・・
育児には根気が必要ですね ^^;

それでは、またです。

投稿: こだきち | 2007年9月27日 (木) 15時26分

1才と2ヵ月ですか。。可愛い時期ではありますが、愛でる気持ちと躾は区別しないといけないですからねぇ。
コトバで言って判る時期までは、やはり手を上げる必要もあると思いますね。
私も母にはそうして育てられ、母にあずけると子供たちもそうして育てられましたから(笑)
3才くらいからは、ちゃんと話して聞かせるのがいいでしょうが、それまでは時折でいいから、手をあげて叱るべきだと思いますが。。

投稿: くおん | 2007年9月28日 (金) 01時01分

くおんさん、おはようございます。
うーん、難しい問題ですね。
愛するが故に手を上げる・・・ですか。

 何が正解かは子育てには無い。
というのは実感としてあります。

 そのため、親たるもの解らないなりに
たくさんの知識を勉強し、色々な人の意見を
傾聴し(ブログでこのような意見を聞くこともとてもありがたいことです)、信念を持って子供に接するべきだと思っています。

 私の考えは、手を上げることが、
絶対にいけないことだとは思っていません。
 どうしても言って聞かせても分からないとき、より重い罰を加える必要性があるのかなと

 ただそれは人様に迷惑をかけるときかな
とも思います。

 もうひとつは、手を上げる場合、強固な信頼関係がなければならないのでは?とも感じます。

今の息子を見て一番感じるのは、
手を上げても理解できないんじゃないか
ということです。
 あまり効果がないのでは・・・
と思います。

 子供を愛し、立派に育てたいという気持ちは一緒ですよね。
あとは、方法は千差万別なんですね。

私から聞いたことなのに、私の持論ばっかりですいません。
 これからもご意見いただければうれしいです。

投稿: こだきち | 2007年9月28日 (金) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423155/8122465

この記事へのトラックバック一覧です: 父から息子への手紙:

« 月見 | トップページ | 足の指を広げたら »