« 九十九里浜 | トップページ | お彼岸 »

2008年3月18日 (火)

100万回生きたねこ

悠ちゃんが、ふと、

おもちゃで遊んでいた手を止めました。

どうしたのかと視線の先を見てみると・・・、

100

テレビの「おはなしの国」という番組で、 

「100万回生きたねこ」という絵本のお話をやっていました。

このお話は、とある猫が成仏するまでのお話で、 

大人が読んでも感動するお話です。

 

実は、私もこの本を持っているのです。

でも悠ちゃんに読んであげたことはありません。

 

このお話は、小さい子どもには判らないだろうと、 

たかをくくっていたのです。

でも・・・・、


1002


悠ちゃんはおもちゃで遊んでいる手を止めて、 

テレビの画面をじっと見ています。

この番組を食い入るように見るなんて、はじめてです。

もしかしたら・・・・・、

判らないながらも、面白さを感じているのかもしれません。

すっかり夢中になっている悠ちゃんを見て、

私は、今度この絵本を読んであげようと思いました。 

そして・・・、

これはまだ判らないとか、できないだろうとか・・・、

そういったことは、私が決めることではないんだ・・・と改めて思ったのです。

 

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1)) Book 100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

著者:佐野 洋子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

↑↑2つ応援よろしくお願いします。

  

|

« 九十九里浜 | トップページ | お彼岸 »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪
良かったーー!コメント欄が開いてるーー♪
昨日、何度もコメントを入れようと試みたのですがトラブルがあったみたいですね・・。

「100万回生きたねこ」は私も読んだことがあります。
結構深いお話ですものね。。
でも悠くんは、なにかを感じ取っていたのでしょう。。
おっしゃる通り、まだわからないだろうなんて
親が決めることではないんですよね。。
私も気をつけようと思います。。
いつも応援してますよーー☆☆

投稿: りこ@のすけママ | 2008年3月19日 (水) 13時53分

りこ@のすけママさん

こんにちは~。
何度もコメントを・・・
ありがとうございます~(><)嬉しいです!
りこ@のすけママさんも、このお話、ご存知なんですね~^^
深くて、いいお話ですよね。
こういう素敵な絵本を好きになってくれると、親としても嬉しいものです。^^


投稿: こだきち | 2008年3月19日 (水) 14時25分

そうですね。大人が決めなくても子供は日々成長していますものね!いっぱい絵本読んであげてくださいね!

投稿: ごんた | 2008年3月19日 (水) 15時11分

「100万回生きたねこ」
私も大好きです。
でも自分では持っていなくて、娘がもう少し大きくなったら買おうと思ってるんですが、読んであげながらラストで泣いちゃいそうです。
本屋で見かけるたびに、やっぱり自分のために買おうかな?と思ったりするんですけど、やっぱりもう買っちゃおうかな~?

投稿: ti-tin | 2008年3月19日 (水) 15時58分

私もこの本好きですよ。
自分が感動したもの、子供にも教えてあげたいものですね。
まだ理解はできないかもだけど、でも子供なりに何かを感じ取ってくれるかもですね。
「まだわからな」のまえに「わかるかも」って思うようにしよ~って思いました。

投稿: りきりき | 2008年3月19日 (水) 16時26分

うちにもありますよ~この絵本^^
とってもいいお話ですよね~
ホント幼児の能力って思っているよりもスゴイことってあるんですよね^^
ぼくも最近それを体験しました。

悠ちゃんはお話をきいてどんな事を感じたんでしょうね~凸凸

投稿: なのたんぱぱ | 2008年3月19日 (水) 17時51分

ごんたさん

こんばんは。
子どもの成長・・・本当に早いものですね~。
あれ、いつの間にこんなことできるようになったんだろうって思うことが多くなってきました。
読んであげる本も、それといっしょに成長していくんですね。

投稿: こだきち | 2008年3月19日 (水) 21時45分

ti-tin さん

こんばんは~
ti-tin さんもこの絵本が大好きなのですね♪
私もこのお話が大好きで、買ったんですよ~^^
きっと、みーちゃんも、気に入って、大好きな絵本の一冊になるのでしょうね☆

投稿: こだきち | 2008年3月19日 (水) 21時58分

りきりきさん

こんばんは
自分で読んで気に入った本・・・、読んであげたいものです。
この絵本などは、特にそう思います。
悠ちゃんもよくわからないみたいです^^;
でも、面白さは感じることができるのかも・・・と思いました^^

投稿: こだきち | 2008年3月19日 (水) 22時06分

なのたんぱぱさん

こんばんは。
確かにそうですよね。
幼児の能力って、大人にははかり知れないものがあるのでしょうね。
私も、今回のことで、知らないうちに、「悠ちゃんの枠」を勝手に決めていた自分に気づきました。
枠にとらわれず、いろいろな本を読んであげたいです。

投稿: こだきち | 2008年3月19日 (水) 22時10分

「100万回生きたねこ」は表紙は見たことあるけど読んだのかどうか・・・。でも面白そうな物語ですね。

「本は破るもの!」という意識がなくなったら一杯色んな本を読んであげたいです。
この本ももちろん・・私が読みたいです^^

私も「まだだろう・・・」と思うことが多いので気をつけるようにしたいと思います☆

投稿: chika0w0 | 2008年3月19日 (水) 23時37分

よいことに、早く気付いてよかったですね。
私は、長男の時に、「こんなの今一時だから」
と少し先の物を与えていたのです。
興味を持つ期間が短くても、その時期に必要な物があるんですよね。
大人の感覚や育児マニュアルでなく、
その子が本当に興味を持つ物を与えるのが理想です。
その点、次男は、おもちゃも本もたくさんあったので、
自分の好きな物に手を出して、想像力豊かな子になりました。

投稿: レインボーシャワー7 | 2008年3月20日 (木) 09時47分

chika0w0 さん

こんばんは~
私の好きな本なのですが、ハナちゃんも、chika0w0 さんもこの本を読んでみたら、気に入ってくれそうで、なんだか嬉しいです~
悠ちゃんは、テレビでこれが流れるたびに、ピタッと遊ぶのをやめて、画面をじっと見つめるんです^^

投稿: こだきち | 2008年3月20日 (木) 19時06分

レインボーシャワー7 さん

こんばんは~
なるほど・・・。
少し先のものを与えると、いいんですね~^^
やはり、マニュアルどおりよりも、子どもの想像力を育てるほうが。断然いいですし、大切なこどですよね。
勉強になりました!

投稿: こだきち | 2008年3月20日 (木) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423155/11495384

この記事へのトラックバック一覧です: 100万回生きたねこ:

« 九十九里浜 | トップページ | お彼岸 »