« 端午の節句の紹介 その2 | トップページ | なぜ? »

2008年5月 6日 (火)

端午の節句

いつもの様にマンガを描きました。

今回は思い出ではなく、創作です。

端午の節句は終わりましたが、

その思い出は、男の子の記憶に

ずっと残っていてくれたらいいなぁ と思って描きました。

Photo

  

G.W最終日です。

皆様のG.Wは、いかがだったでしょうか?

長い休みの終わり・・・、

いつも寂しく感じてしまいます。




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

↑↑2つ応援よろしくお願いします。</

|

« 端午の節句の紹介 その2 | トップページ | なぜ? »

年中行事」カテゴリの記事

コメント

創作マンガ、とっても素敵でした♪
こだきちさんは素晴らしい想像力がありますね。
お爺ちゃんの腰は心配だけど(笑)、なんだか私も今日はいい夢が見られそうです。
ゴールデンウイーク終わってしまいました・・・
歳をとるたびに寂しさの度合いが高くなっていってます(涙)

昨日の坊ちゃんは家に帰って来て爆睡しました♪
今年は手軽に済ませちゃいましたけど・・・
来年は、もっと言葉も達者になっているだろうから、動物園行きたい!とか言われるのかな〜(汗)

投稿: いけいけ | 2008年5月 6日 (火) 22時41分

こんばんは~♪
夢いっぱいのマンガですね~~^^
木に登ったノボルくんの前髪が立っているのを見て、
爽やかな風が吹いているのが想像できますもんね~♪
こだきちさんのテクニックすごいです!

長い休みが終わってしまいましたね。。
これで仕事にいかなければならないと思うと、
もっと寂しいでしょうね・・。
応援☆☆

投稿: りこ@のすけママ | 2008年5月 7日 (水) 01時03分

男の子2人というのに、木登りはしたことないのではsign02
もっとも、登れる木もないですよね~。
バーチャルな遊びばかりで、もっと本物を体験してもらいたいですが....

投稿: レインボーシャワー7 | 2008年5月 7日 (水) 08時26分

うわーーー!
スケールのデカイ感じがいいですねーー!

絵、うまいですね~いつも思っちゃいます!

投稿: インターライフ | 2008年5月 7日 (水) 08時51分

いけいけさん

おはようございま~す!
マンガを見ていただいて、そしてお褒め頂いて!
とても嬉しいです^^
ありがとうございます!
おじいちゃんの腰は、確かに心配ですね(笑)
来年は子どもの日には、どこに行きたいかのリクエストが、ありそうですね~
混んでいても、頑張って連れて行かないとですね~^^;

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 08時53分

りこ@のすけママ さん

おはようございま~す!
上空では爽やかな風が吹いている…という感じも伝えたかったので、 りこ@のすけママ さんのコメントすごく嬉しいです!
ありがとうございます^^
連休中は家族三人で遊びまわっていたので、連休明けの寂しさもひとしおです・・・(><)
りこさん一家も、ご家族で遊びに行かれていたので、いっしょかな・・・^^

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 09時05分

レインボーシャワー7 さん

おはようございま~す!
今は、あまり木登りしなくなりましたね~
レインボーシャワー7 さんのおっしゃるとおり、バーチャルな遊びばかりが横行していますよね。
体を動かして、外で遊ぶことで学ぶ感覚を、大切にしたいですし、今の子どもさんたちに、どんどんそういう遊びをしていってほしいものですね。

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 09時14分

インターライフさん

おはおうございます~!
いつもイラストを見ていただいて、そして、お褒め頂いて嬉しいです。
ありがとうごさいます!
ちょっと、現実にはありえないお話になってしまったのですが・・・、男の子がこいのぼりを大切に思う気持ちを、うまく表現できたらな~と思って描きました。

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 09時18分

王子もこいのぼり好きだから、期に登っていってしまう子になるかも!
最近は登れる木も少なくなってしまっているのが残念だけどね~。
柏餅が大好きな私に似て王子も好きです。
5月の青い空に泳ぐこいのぼりのように、元気に育ってほしいな。

投稿: りきりき | 2008年5月 7日 (水) 11時22分

すごーい!!!絵・・・・ステキすぎますううう。

投稿: ごんた | 2008年5月 7日 (水) 13時22分

とっても素敵なマンガですねheart02
鯉のぼりと同じ風景を全身で感じている
のぼるクンnotes男の子のたくましさが
表現されていていいですねhappy01

私もよく実家の屋根や、公園の木にお菓子と
マンガを持って登っていました(笑)
屋根に上っているのを母にばれたとき母の一言
「あんた!割れるでしょ!!瓦は高いんだからannoy
ありゃ??・・・私の心配でなく瓦の心配を
されましたsmile

投稿: ひとみっくす | 2008年5月 7日 (水) 14時57分

素敵なお話ですね~
のぼる君すごく夢のある男の子ですね。
悠ちゃんはどんな男の子に育ってくれるでしょうか???

GW満喫しちゃいました^^
といっても2日間だけなんですけどね~
応援凸凸

投稿: なのたんぱぱ | 2008年5月 7日 (水) 16時29分

こだきちさん、こんにちはー!

男心をくすぐる、かっこいいマンガですね!

私も主人公の「ノボル」君のように
強くたくましい男にならねば…と心に誓い
強靭な体を作るべく
今日から仕事に出かけております(笑)

こだきち家では、素敵なGWとなりましたか?
茂助家は私のせいでダメダメだったので
近いうちに、お仕置きをするそうです(涙)

いつも応援ありがとうございます!
こちらも凸凸っと!

投稿: 茂助オトン | 2008年5月 7日 (水) 17時27分

りきりきさん

こんばんは~
マンガの感想、ありがとうございます!
王子もこいのぼりが大好きなんですね。
柏餅も、こいのぼりも、端午の節句には欠かせないですよね。
悠ちゃんにも、王子のように、どちらも大好きな、元気な男の子に育ってほしいと思っています♪

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 21時31分

ごんたさん

こんばんは~
コメントありがとうございます☆
マンガを読んで、そして、絵をお褒めいただいて、嬉しいです♪
ありがとうございます!
ごんたさんのブログにも、ぜひ遊びに行かせてくださいね~

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 21時34分

ひとみっくすさん

こんばんは~!
マンガの感想、ありがとうございます♪
嬉しいです!
おお~!
ひとみっくすさん、木に登ったり、屋根に登ったり、楽しそうです~^^
私は木登りしたことないのですが、とっても気持ちいいのでしょうね^^

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 21時41分

なのたんぱぱさん

こんばんは~
マンガの感想、ありがとうございます。
今は、甘えんぼの悠ちゃんですが、男の子らしい、夢やロマンを持っていてほしいな~って、私勝手に思っています♪
GW、短めでも楽しまれたんですね~♪
なのたんも、パパと一緒で嬉しかったでしょうね☆

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 21時54分

茂助オトンさん

こんばんは~
マンガの感想、ありがとうございます!
かっこいいとのお言葉、とても嬉しいです♪
GW、我が家では遊びまくりでした~。
おかげで、今朝はしんみり寂しい朝でしたよ・・・^^;
まるでお祭りのあとのようでした。。。
茂助一家のGWは、どうだったのかな?+

投稿: こだきち | 2008年5月 7日 (水) 22時00分

何だかとってもいいお話ですね。
鯉のぼりと一緒に泳いでみたい!なんて男の子が夢見そうです。

GW終わってしまいましたが、毎日お天気なのでとっても気持がいいです♪
応援!!

投稿: chika0w0 | 2008年5月 8日 (木) 09時52分

chika0w0 さん

こんにちは~
マンガの感想、嬉しいです!
いいお話とのお言葉、どうもありがとうございます♪
GWも終わってしまいましたね・・・(><)
天候もすっかり初夏になり、半袖で気持ちよく過ごせるようになりました。
今ぐらいがいちばんいいですよね~^^

投稿: こだきち | 2008年5月 8日 (木) 17時10分

いいなぁと思って見ていたら……創作なんですね。
でも、ホントにありそうな感じ。
夢があって、とても素敵な作品ですね。
応援傑作☆☆

投稿: pinkey | 2008年5月 9日 (金) 22時34分

pinkeyさん

こんにちは~!
マンガの感想、ありがとうごさいます!
「空を泳ぐこいのぼりが好き!」という男の子の気持ちを、うまく伝えたいな~と思って描きました。
歌にある、屋根より大きいこいのぼり・・・も、最近はあまり見かけなくなりました。
我が家のこいのぼりも、ベランダタイプです。
ちょっぴり寂しいですね。

投稿: こだきち | 2008年5月10日 (土) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423155/20801380

この記事へのトラックバック一覧です: 端午の節句:

« 端午の節句の紹介 その2 | トップページ | なぜ? »